医学部多浪者は偏差値とIQの関係を知る

毎年、大手予備校から入塾してくる生徒が多い医学部専門塾では、2浪から6浪の末に相談されることが少なくないそうです。

そのような生徒も私立大学医学部であれば、1~2年で合格させて来ていますが、IQとの関係も多少はあるため、全員を引き受けることはしていないと言います。

面接をして仮に指導しても、まず合格圏に届くのはムリだと思われる場合、その時点で率直に伝えて入塾を断っています。

 

慶応進学会フロンティア – Amebaプロフィール

 

国公立大学医学部を目指している人は、自分のIQをチェックすることを勧めています。

分からなければ、自分が通っていた高校の偏差値を2倍すれば、ほぼIQと一致します。

高校の偏差値が60なら、IQは120くらいということになります。

IQと偏差値の共通点はどちらも分布状態を知るもので、絶対値ではなく、基本は相対的な数値です。

 

ただ、同じ高校でも飛び抜けて学力が高い人から、下の人までいますので、あくまでひとつの目安となる数値です。

例えば公立高校の偏差値は大体50を少し超えた程度ですが、たまにIQが140、150を超えている生徒がおり、このような生徒は東大や京大に合格しています。

もし、高校時代の自分の成績が、上位1/5から真ん中あたりだったとしたら、偏差値を2倍したものがIQと同じと考えて良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>