ビューラーのゴムの下に

口紅が折れることがあまりないです。溶けたらリップパレットに入れて、また新たに使うという方法もあります。高い口紅・気に入っているやつ以外でやることはないですね。あまり口紅が折れることがないですからね。安い口紅だったら捨てちゃいます。お気に入りで高いものに関しては修復したりします。ドライヤーでウィーンとやって温めて、溶かして固めたり。それくらいしか知らないです。他にもあるんですかね。

一之江の美容室はジャンクス アットホーム

ビューラーのゴムの下にコットンを入れるだけでよりカールがかかることを知っていますか。これは初めて聞きましたね。ビューラーを温めたりはしますよ。ライターで炙ったり、ビューラーを温かくすることでホットビューラーみたいになって、カールがかかります。それはやりますが、コットンを入れるっていう技はやったことないです。ゴムの下に入れる…そうなんですね。これは初めて聞きました。火で炙るっていうのが一般的なカールの強いかかり方で、みんながやってるイメージがあります。コットンを入れるっていうのは初めて聞きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>